老人とプログレ

介護施設での現場のお話。プログレ、ハードロック等の音楽話。・・その他、日々の雑記、ファイターズの話題等・・

初老の介護施設管理者。経過観察&ぼやき To be a ROCK! Not to ROLL!

今日のファイターズ 対ロッテ戦 平成29年9月24日

今日は井口選手の引退試合。凛々しいお顔なのでまだまだ若いと思っていましたが、もう42歳なんですね。ダイエーホークスの選手がまた居なくなり、感慨もひとしおです。

 

実はまだホークスがダイエーだった頃、ダイエーの隣に住んでおりまして、優勝するたびに安売りやグッズ貰ったりで、まぁ助かっておりました。まだ日ハムが北海道に来る前の話です。今でも王監督のバッジとか持ってますがタンスの肥やしになってます。

 

その頃は3番井口から始まって、松中、小久保、城島、秋山と続く超強力打線。しかもフィクションではあぶさんこと景浦安武まで居る強力な布陣で一時代を築きました。

そんな私の家庭の経済状況にも影響を与えていた、ダイエー・ホークスの恐怖の3番も今日で引退。お疲れ様でした。

 

と、ここまで記事書いてますが、実は試合の最中から書き始めてまして、しかもファイターズが勝つ前提で、気持ち良く「お疲れ様でした」とか書いてますが、こら!増井!!またお前か!

baseball.yahoo.co.jp

 

増井劇場開幕で井口選手に同点ツーラン。ロッテファンは大盛り上がりでしょう。延長戦入っちゃいました。

 

そして今は12回の裏でランナーは1、3塁。ピッチャー白村しか残ってないんかい!

 

 

はい、負けました。3対4。

 

baseball.yahoo.co.jp

 

いくら引退記念試合といっても、日ハムにとっては課題山積ですね。増井は先頭バッター出したら交代すべき。前も清田に打たれていたような気がしますが。延長の際にロングイニング投げれるピッチャーの育成も急務だと思います。最後を白村に任すのはまだ早いですよね。

 

せっかく今日はクリーンナップが機能して、いい試合だと思っていたのですが、やれやれです。

 

涌井投手は1500奪三振おめでとうございます。改めて井口選手お疲れ様でした。来年は監督としてお会いしましょう。

 

 

 

 

今日のファイターズ 対ロッテ戦 平成29年9月23日

まず、昨日投稿した大谷翔平の彼女問題に関しての記事が、結構な数のブクマをいただきました。ありがとうございます。

zappazepp.hatenablog.com

 こんな何も考えていない記事にブクマしていただきまして、大変ありがたいのですが、私の仕事に関しての真面目な記事より評価が高いのは、何やら複雑な気分でございます。とりあえず今後もお付き合いくださいませ。

 

さて、今日は最下位決定戦。テレビ中継は無し。寂しい限りです。

baseball.yahoo.co.jp

先発は予想どうりの有原

今日も前半で失点。特に角中とは相性が悪いらしくホームラン打たれましたが、4回以降は見事なピッチング。よくやった!

打つ方も、松本中田大谷と打つべき人が打って快勝!野球は4対3ぐらいが一番面白いですね。

 

headlines.yahoo.co.jp

ロッテは今期の負け数が球団タイだそうですが、黒木コーチが現役の時の連敗記録作った年よりも悪かったんですね。お互い来年頑張ろう。

baseball.yahoo.co.jp

決勝打の大谷翔平のホームランはやはり規格外。狙って打ってますもんね、これ。

 

久しぶりに増井の三者凡退見たような気がします。

 

明日は高梨と湧井の先発でデイゲーム。高梨はここ最近2連勝で湧井は連敗中。明日も頼むよ!

 

最後に、シーズン途中でドジャースに移籍したダルビッシュ。いきなり地区優勝です。

sports.yahoo.co.jp

持ってる男ですね。やはり。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

 

 

ロケットマン

 

国連の非難決議を巡って、トランプ大統領金正恩が非難合戦を連日やってる最中ですが、トランプ大統領の国連演説で放った「ロケットマン!」という言葉にジョンウン君、えらくムカついたようです。

 

ネイティヴな発音で放たれる「Rocket Man !」という言葉の雰囲気は結構格好良かったりしたんで、別にいいんじゃね。と思いましたが、どんなもんでしょう。「刈り上げ君」とか、普通に「デブ」と呼ばれるよりはマシだと思うのですが。

 

それで「ロケットマン」で検索すると上位に出てくるのがなぜか”ふかわりょう

www.nikkansports.com

とんでもないところに軟着陸したようです。

 

個人的にはロケットマンといえば、この人、エルトン・ジョン

www.youtube.com

1972年の「ホンキー・シャトウ」からのシングル・カットで、宇宙飛行士の孤独を歌った感動の名曲!

ですが、昔から実は「早漏」のダブル・ミーニングでは?という噂がありまして、ジョンウン君はそのあたりに過剰反応したのかも。

 

プログレファンと的には、ケイト・ブッシュのカヴァーも存在。レゲエ調でで拍子抜けですが、多重コーラスをフューチャーしたアレンジはいつものケイト・ブッシュ。一聴に値します

 

www.youtube.com

 

スタートレックのカーク船長こと、ウィリアム・シャトナーが2011年に発表した、宇宙をテーマにしたオムニバス・アルバムがありまして、いつか言及しようと思ったのですが、参加ミュージシャンもクリムゾンからジョン・ウェットン。その他パープルからリッチーとイアン・ペイス、他ブライアン・メイなどのオールスター。

その中でも、ゴングのスティーヴ・ヒレッジが参加した「ロケット・マン」は秀逸。惜しむらくは、シャトナー先生はヴォーカルではなく、語りでの参加なので、ウェットンに歌って欲しいところでした。

www.youtube.com

 

最後にリアルなロケット・マン。

www.youtube.com

手塚治虫原作の特撮ですが、ロボットではなく、ロボット人間だそうです。全然どんな話だったか記憶も曖昧ですが、悪役の顔が銀紙で貼っただけのもので、チープすぎて逆に怖かったことと、ヒロインが色っぽかったことだけ覚えています。

 

ジョンウン君もムカついて言い返すのもわかりますが、そんだけトランプ大統領をギャフンと言わせたいのなら、いい奴紹介するぞ!豊田真由子という名前だ。トランプ大統領に禁断の一言を言ってくれるはず。なんならそのまま北朝鮮に差し上げます。

www.youtube.com

 

 

 

 追記

そういえば、エルトン・ジョンもリッチーもヅラでした。失敬。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村a href="//music.blogmura.com/yougaku_1970s/ranking.html">にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

今日のファイターズ 大谷くんのこと

 

3年ほど前ですが、東京から札幌までの飛行機の機内で、日ハムレギュラー陣に遭遇したことがございます。

機内に入るとまず見た顔!というか、どう見ても陽岱鋼。その後自分の席まで通路に沿って進むとレギュラー陣がズラっと勢ぞろい。中田、西川、増井などなど。その中でもひときわ爽やかだったのが大谷翔平。手荷物を取るのに立ち上がるところを見ましたが、まぁでかいこと。プロレスファンだったので大男は見慣れていたつもりでしたが、オーラが違いましたね。しかも小顔!プロレスラーのでかいのとは質が違いました。

 

これが自分と大谷翔平との最初の出会いなのですが、当然その後どうにかなるわけではありません。しかし30㎝まで最接近しました。

 

乗客は皆んな大人だったので、握手のおねだりとかサインもらいに行くとかいう暴挙には出ませんでしたが、誰か一人行動を起こしたら、多分自分も並んでました。

 

そんな大谷くんも日本から旅立つ日が来そうです。

headlines.yahoo.co.jp

清宮くん並みの争奪戦になりそうな気配です。昨日21日のピッチングは本人曰く、「出来が悪すぎ」と評していましたが、メジャーのスカウト達にとっては、調子が悪くともあのぐらいのピッチングができるという評価だったようです。

 

本人次第ですが、入札されるのは決まりですね。個人的にはヤンキースがどドジャースに行って欲しいです。

 

そういう大谷くんですが、プライベートは全くの謎。マスコミ発表では健全な寮生活の話や親孝行している話ばかり漏れていますが、果たしてどうなのか...

 

headlines.yahoo.co.jp

いくら球団の管理が徹底していても、ここまで女性関係や、やんちゃなエピソードが漏れていないのは凄いこと。同じような逸材でダルビッシュがいましたが、新人の頃、喫煙しながらパチスロしているのがすっぱ抜かれていたり、日ハム在籍中にサエコと出来ちゃった結婚したりと、やんちゃなエピソート満載でした。

多少やんちゃでも、女性人気は衰えないと思うのですが、マジで何もないのかも。

 

ネット検索すると、モデルや女子アナと交際か? という話もあるようですが、一般に認知されていないところをみると、ガセっぽいですね。

 

もし大谷の彼女発覚となると、これは福山雅治どころではない、国民的な大問題。大谷と釣り合って、国民も納得するとなると佳子さまぐらいしか思いつきませんが、このままだとアメリカ人に取られてしまうという心配も...

 

ここで適当なことを言っていても始まらないのですが、もはや大谷くんの存在は日ハムだけの問題ではなく国家レベル。次回の国会は冒頭で衆議院解散するという説が濃厚ですが、大谷くんの彼女を決めてから解散して欲しいものです。でなければ、選挙の争点で!安倍首相

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

 

 

介護事業者の倒産件数、過去最多の勢い

<

 

 

今年の4月から本格的に介護予防(要支援1、2の方達が対象)の事業が、市区町村の財源に移行され、収入も減額になりましたが、案の定介護事業から撤退したり事業縮小に向かう法人が多くなりました。

 

というわけで以下の記事の通りの状態に..

 

www.joint-kaigo.com

収入が減額になった上に、スタッフの人員確保も難しいため、事業廃止を決断するのは止むを得ないところだと思います。8月の数値でこの結果なので、今年は昨年の数値を上回るのは間違いないでしょう。

 

ただ、予測される事態ではあったのになんの施策も打ってないないのは、行政としてはもう少し介護業界は淘汰されるべきだと考えていると思われます。事業所の倒産は思うツボ。もう個人レベルでの小規模運営では難しい時代になっています。

 

来年の4月にはまた大規模な報酬改定がある予定。介護分野で一番の争点は、軽介護度の方への生活援助禁止の問題。ここが通れば来年度の倒産件数は今年の比ではないでしょう。もうヘルパーという存在自体が不要になる時代が来そうです。

 

「寄らば大樹の陰」という言葉がありますが、来年度の改定に向けて、企業の体質改善や業態の見直し、M&Aの加速が必要です。

来年は働く側も利用する側もこのピンチを乗り越えることができる事業者を選ぶことが大切ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

 

 

今日のファイターズ 対ソフトバンク戦 平成29年9月21日

 

7回はヒヤヒヤでしたね。とりあえず勝ってよかった!

baseball.yahoo.co.jp

まず主役は当然大谷翔平なのですが、ラジオの解説でガンちゃんが盛んに言っていたように、制球はあまり良くなかったみたいですね。逆に作用して相手側は的が絞れなかったようですが。

それでも要所では三振も取れ、スライダーも良く決まってました。まずはお疲れ様でした。記事の見出しも「粘投」と書かれているように、力で抑えるピッチングではなかったですが、メジャーのスカウトも満足したでしょう。これでまだ足に不安を抱えている状態のピッチングですからね。

headlines.yahoo.co.jp

問題は白村から始まる7回。1ヒットと2四球で満塁。交代した公文が打ち取ったと思いきや、ライト前ヒットと松本の悪送球が絡んで2点献上。この後は公文と鍵谷で何とか抑えましたが、逆転される!とマジで思ってました。ここは白村じゃなく玉井とかに投げて欲しかったです。宮西もいたじゃん。

 

この7回のMVPはお久しぶりの鶴岡

www.softbankhawks.co.jp

絶体絶命のピンチの時に、ダブルプレーを献上していただきました。ありがとう鶴ちゃん! 引退後はハムに戻ってきてほしいです。

 

そして鍵谷からマーティンと繋いで、9回は増井劇場の開幕!いきなり江川にホームラン打たれて青ざめましたが、結果6対4で勝利。勝って当然の展開だったのに胃が痛かったです。

 

 中田も先制のタイムリー打ったりと復調の兆しが出てきましたが、何と言っても横尾ですね。もの凄いホームランでした。白井コーチのおにぎりポーズもお馴染みになってきました。

 

明日の試合はお休み。

次の先発は多分、有原?

 

というところに、やっぱりのニュース。ハンカチ王子一軍合流です。

headlines.yahoo.co.jp

シーズンも終わり感がハンパないですね。ちょっと見たいですが、残念ながら札幌ドームの登場はないようです。

 

シーズン中に、もう1度大谷の投球見たいものです。そろそろ正式にメジャー転出がアナウンスされる雰囲気ですが、次は170キロ期待してます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

 

 

 

診療報酬・介護報酬

 

 

今まで情報の収集と関係団体からのヒアリングを行っていた財政審議会ですが、いよいよ来年度予算に関する本格的な議論が開始になったようです。

www.joint-kaigo.com

来年度は医療の診療報酬と、介護保険の報酬改定が同時に行われる予定で、現場では戦々恐々ですが、方針としては支出の抑制というラインから動きそうにありません。

 

今回は関係する団体のヒアリング数も非常に多く、厚労省からの基本方針もかなり曖昧なもので、具体的にどのような方向に収束して行くのかよく見えない状況です。

 

現在決まっている大枠は以下のとおり。

 

医療

地域包括システムの推進

・介護予防事業の推進(地域での健康増進活動 重度化を防ぐ)

・在宅医療の拡充 入院に対する厳格化

・看取りの推進

高い質の医療の実現

・質の高い医療に関しての評価とインセンティヴ

・医薬品や医療機器のイノベーションに対する評価

医療の効率化・適正化

・薬価制度の抜本的な改革

ジェネリック利用の推進

・不適切な多剤投薬を減らす取り組み

介護

・利益率の高いサービスの適正化

・ヘルパーサービスの「生活援助」見直し

・機能訓練を行なっていないデイサービスの見直し

 

消費税の増税分が福祉行政に回るのは先の話なので、まだ財源は足りない状態。

方向としては給付費の抑制が予想され、厳しい改定になりそうです。

 

医療に関しては在宅医療(訪問診療)を拡充し、入院に至らないようケアして行く方向。というか病院に来るな!ですね。あとは、入院するな。多分入院のシステムは更に厳格化されて、長期の入院は不可能に。更に報酬も減るのでは?

 

医療報酬で一番問題となるのは薬価

f:id:zappazepp:20170921155133j:plain

削減すべきはここで、薬価も当然ですが、まずは薬を出しすぎる現在のシステムを改革するのは急務。

 

介護保険では利益率の高い業態に対して見直しが入るようですが、報酬が高いはずの訪問看護ではなく、多分ヘルパーとデイサービス。まだ下がります。

 

特にヘルパーは「生活援助」が介護保険から外れる可能性があり、これは介護保険始まって以来のパラダイムシフト。もう調理や部屋の掃除でヘルパーさんを使うことができません。先が見えないとはこのこと。

 

審議の結果によっては医療・介護の両業界は激変ですが、利用者と事業者双方にメリットのある改定にしてほしいものです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村